ふぐブログ

美容室経営・アフィリエイターで主夫の雑記ブログ

投資の目的はあくまでもキャッシュフロー

最近ビットコインなどの仮想通貨の話題がツイッター上を駆け巡っている。

coin check という仮想通貨取引所の広告を貼るアフィカスが最近ものすごく多いことでも、その盛り上がりがわかります。

ブロックチェーンといわれる技術が発達してきて、仮想通貨も本当のお金として認知されるのも時間の問題と思われます。

このブロックチェーンという技術、ものすごい可能性を秘めているといわれています。

自分が調べた範囲で簡単に説明すると、要は、

「いままで名前を書くことが出来なかったお金に、名前を記入することができるようになる」

ということらしい。

これは実際のお金だけではなく、電子マネーや仮想通貨も、すべてデータベースで管理され、だれがいくら持っているか、だれからだれにお金が渡ったかを瞬時に把握する事が出来るということ。

このことでどういうことが世の中に起きるのか?

というと、まず、不正がなくなります。

偽札というものや、マネーロンダリングなどの犯罪がなくなります。

そして、あらゆる中間業者がいらなくなります。

例えば銀行の通帳業務とか。

不動産売買における、仲介手数料なども間接的になくなるかもしれません。

ものすごい可能性を秘めている技術なので、国も通貨として(現在は貴金属と同じ扱い)認める方向となってきています。

このような背景から、仮想通貨市場にどんどんお金が流れ、仮想通貨バブルが起きようとしています。

さてここで、このような話を聞いて、自分もビットコイン投資をしようかな、と思うかというと、そうでもありません。

なぜならキャッシュフローを生まないからです。

やはり、投資するなら、キャッシュフローを生むものにお金をいれたいと思っています。

キャピタルゲインはあくまでもラッキーなものと捉えています。