ふぐブログ

美容室経営・アフィリエイターで主夫の雑記ブログ

今年もそろそろ税金について考える時期がきました。

平成29年、2017年ももう半分以上が過ぎてしまいました。

7月は毎年恒例の住民税、国保の通知がきます。

さて今年はいくらかな?

な~んてびくびくしてる人!もう少し税金には敏感になったほうがいいのではないでしょうか?

私は、今年いくらぐらいの請求がくるかは、一年前ぐらいから計算しているので、だいたいわかります。

わたしが考えなければならない主な税金は所得税、住民税、国民健康保険税です。

だいたい毎年8月あたまに、今期の税引き前利益を予測し、11月末に倒産防止共済、中小企業共済に現金をぶち込んで、利益を圧縮。

節税をして、なるべく現金が残るようにしています。

まあね、最近の風潮であれば、お金を円で持っていると、円安になると価値がさがるからドルにかえておけとか、トルコリラ金利が高いから変えておけとかいわれるんだろうけど、日本から出る気が全くないので、別に円でいいです。

株はいくつかロングホールドしてますので、よさげなものがあればインしたいと思ってますが、あせってもいません。

(投資に対して、時間的、体力的余裕があるなら、待ってみるのもいいことだとおもいます。)

税金というのは、もちろんサラリーマンであればどうすることもできないですが、自営業者であれば、お金をを受け取ることを先延ばしにすることで、現金を残せることができます。

というか、やらないと損です。

今一度、税金について考えてみましょう。