ふぐブログ

美容室経営・アフィリエイターで主夫の雑記ブログ

独立は誰でも出来る、では一番大変なことは何か?

タイトルのとおり、独立というのは誰でもできる。

会社を辞めて、自分自身で仕事を取ってきて、納品すれば、立派な独立開業だ。

このことについては前回のエントリーで書いたとおり。

 

hugutaaa.hatenablog.com

 今回は独立後に誰でも陥る、ちょっと大変なことについて解説していく。

 

孤独との戦い

会社を辞め、晴れて独立、フリーランスとなってからしばらくは、悩ましい人間関係も、拘束されることもなくなるため、とても新鮮ですがすがしい気分がつづく。

しかし、それもほんの一瞬。

一ヶ月もすれば、自分の力だけで生きていかなければならないプレッシャーが訪れる。

今までは、会社の看板があったおかげで、周りからもチヤホヤされ、仕事も簡単に舞い込んできた。

それが、今や、仕事がなければただのニート

そんなあなたからは、どんどん人が離れていく。

独立して稼ぐというのは、そんな孤独のなかで、いかに闘志を燃やし続けてベネフィットを提供するか?という戦いである。

 

会計・税金

今までは、会社が代わりに払ってくれた。

フリーランスとなると、すべて自分で自ら払わなくてはならない。

その税金の多さに引いてしまうだろう。

所得税、住民税、健康保険税。。。。

税理士に頼めば、やってくれるだろうが、はたして税理士を抱えるほどの売上を始めから叩きだせるだろうか?

税理士に頼めないとなると、自分で計算しなければならない。

上に上げた税金は計算の仕方がすべてちがうし、控除対象となるものもすべてちがう。

適当にやってしまえば、思わぬ額を払うことになり、稼いでも稼いでも、現金が残らない。

それだけならまだいい。

税金は前年の年の所得が関係しているため、毎年売上が右肩あがり、もしくは横ばいを維持しなければ、どんどん税負担が重くなってくる。

一度独立したら、立ち止まることが許されないのだ。

 

モチベーションの維持

人の考えや物事の捉え方は年齢や環境によって変わってくる。

結婚したり、子供ができたり、歳をとったり、体力が衰えてきたり。。。

今思っていることを、5年後も同じように思っているとは限らない。

しかし、そんなことはお客からしたら、どうでもよいことだ。

お金をもらう以上、きちんと答えなくてはならない。

いくら歳をとってやりたくないと思っても。

モチベーションを持ち続けるというのは思った以上に難しい。

 

将来に対する不安

独立する前もそうであるかもしれないが、独立し、年齢を重ねれば重ねるほど、今もしうまくいってないとすれば、将来に対して一抹の不安があるだろう。

どんどん歳をとってしまって、もうどこの会社も雇ってくれない。

そんな状況で、顧客に対して、高いパフォーマンスを提供することができるだろうか?

 

まとめ

今回、フリーランスや独立で大変になることについて解説した。

独立すればどれも避けてはとおれない。

それを解決しない限り、本当の自由は訪れない。

次回、どうすれば、いかに乗り越えて、本当の自由を獲得できるかを解説していく。